【最新】アドセンス審査攻略

アドセンス審査の状況がすこし変わりつつあるので、最新の通し方を解説します。いつまた状況が変わるかわからないので、「恒久的なものではない」ことをご理解ください。今回の記事では、最近のアドバイス審査のトレンドを踏まえたうえで最も効率的な方法を解説します。

また様子が変わってきたらその都度アナウンスします。

アドセンス審査とは何か

まず「アドセンス審査とは」というところから解説します。アドセンス審査とは、「GoogleAdsense」という広告を使うための審査です。この審査を通過して、ブログの読者からクリックが発生すると収益が発生します。

そのためブログでこれから稼いでいきたい!という人はまずGoogleAdsenseの取得、すなわちアドセンス審査に通過するという関門が待っています。

※2023年2月8日現在
google審査に通すまでは、まず審査基準の低い他社の広告を代替広告として使用することをおすすめしています。↓
zucksの広告についてはこちら補足
googleアドセンス審査通過後は、記事中の広告に関してはzucksからアドセンスに広告を差し替えます(コードを入れ替えるだけで全部すぐに変更できます)そしてzucks広告は引き続き、サイドバーと記事下のものを残して、アドセンス広告と併用していきます。

これまでのアドセンス審査は…

これまでのアドセンス審査はものすごく厄介で審査通過までに多くの作業と時間を要しました。なぜかというとこれまでは、

  • 独自のコンセプトに特化しなければならない(一つのテーマで記事更新)
  • それなりのクオリティで記事を書かなくてはならない(文字数や専門性、権威性)
  • (あわよくば)アクセスが集まっていなければならない

という暗黙のルールがあったので、初心者の方にはハードルが高かったのです。

アドセンス審査の合格基準などはGoogleから正式な提示はありません。そのため合格でも不合格でも、理由は不明。そして質問にも答えてくれません。

というわけで、どんな人でもアドセンス審査を通すためには、ジャンルはなんでもいいから「特化ブログをつくる」というそこそこ大変なことをしなければならなかったわけです。

  1. 特化ブログをつくる
  2. アドセンス審査を通す
  3. 特化ブログを消す
  4. ゼロからトレンドブログをつくる

というステップが必要なので当然時間もかかってしまっていました。

直近のアドセンス審査は…

ところが最近ではアドセンス審査の基準が変わってきたと言われています。それが、

アクセスが集まっていればよし

という方針にどうやら変わったみたいです。となれば当然、特化ブログじゃなくて「トレンドブログでもいいじゃん。」という風になります。正解です。

トレンドブログでもアドセンス審査に通過します。(以前はトレンドブログは絶対に審査が通りませんでした)

Taku
というわけでこれから審査に出せるみなさんはラッキーです!

 

最低限のアドセンス審査のためのルールだけ抑えておいて、早速トレンドブログの構築兼アドセンス審査に提出していきましょう。

アドセンス審査通過のための戦略

アクセス重視のトレンドブログでもよしという傾向から、戦略も自ずとシンプルなものになります。

アドセンス審査に一発で通過するための最近の情報によると、「200〜300PV/日」くらいあるとすぐに受かります。そのため、話題になっていることで記事を書き、ハッシュタグをつけて、ツイートするという方法で最初のPVを集めていきましょう。

そのため後述しますがTweetは必須です。

これがマスターできると、アドセンス審査だけでなくトレンドブログ開設後もスムーズにサイトパワーを強くしていくことができるので、しっかり身につけていきましょう!

アドセンス審査申請までの流れ(復習用)

ということで、最新のアドセンス審査までの流れをざっくりとまとめますと

  1. サイト開設(サーバー契約、ドメイン取得、ワードプレス開設、SSL化、パーマリンク設定、外観設定、プラグイン導入…etc)
  2. いきなりトレンドブログで記事執筆
  3. アクセス200-300あたりでアドセンス申請
  4. 結果を待つ

となります。

サイト開設

こちらの設定は初めての場合は色々と面食らうこともあるかもしれませんが、基本的には最初に行っておけばその後は同作業は必要ないですし、別のサイトを立ち上げる際もやり方は同じで「再現性」のある一生ものスキルなので、サクッとやってしまいましょう。

いきなりトレンドブログで記事執筆

アクセス200-300あたりでアドセンス申請

結果を待つ

アドセンス審査に落ちてしまったら