googleに評価されるための記事の書き方

googleに評価されるための記事の書き方について解説していきます。ブログ収益化においては、やはりそれに合った「ライティングの型」があります。

例えばトレンドブログの記記事筆に関しては、次のような属性の記事は「適正」ではありません。

  • 学術論文、新聞記事、文学書のような難解な文章
  • 個人の日記をつらつら書くような内容

トレンドブログに適した文体(文章の属性)というのは、

  1. ユーザーが知りたい疑問に答えている(検索者の思いを代弁している)
  2. 読みやすさ(わかりやすさ)が際立っている
  3. 3−5分くらいでサクッと読めるような気軽な文章でOK
  4. 視覚的にも飽きさせない工夫がある

と言った具合です。例えると、友人とカフェで話をしているイメージですね。つまり、ブログにおいては堅苦しい難解で高度な文章が求められるのではなく、誰でもサクッと読みやすい、まるで会話をしているような文体で問題ありません。

そう言った意味では、ブログ収益化は「文才=収益」ではないと言えますね。もちろんライティングスキルを持っているに越したことはありませんが、ライティングに自信がない、という人でも稼ぐことは普通に可能ですし、ライティングスキルは実践するうちに後からでもいくらでも身についていくものです。

なのであまり苦手意識や先入観などのマインドブロックは一旦捨てて、まっさらな気持ちで気楽に書いていきましょう。

googleに評価される記事の書き方

ブログ収益化において考慮すべき記事の書き方を具体的に解説しています。腑に落として日々の作業に活用していきましょう。