ワードプレスの記事に画像と動画を挿入する方法

記事に画像や動画を使う理由

もしあなたが、インターネットで検索して、お目当ての情報が載っている記事に辿りつき、記事を読もうと思った時、文字だけが画面いっぱいに敷き詰められた文を読む気がおきますか?

本当に知りたい情報だったら読むかもしれませんが、もしかしたら、バックボタンで記事を離脱し、他の見やすいページに移動してしまうかもしれませんね。

少なくとも僕だったら、あなたのページから離脱して、別の読みやすそうなページへ移ります。これは、意識してやっていることではなく、
無意識でそのような行動をとっているのです。

読者を飽きさせないために、各見出し1つを目安に画像や動画を挿入するようにしましょう。 

 

ワードプレスの記事に画像と動画を挿入しよう!【動画】

メディア内のすべての画像を一括で圧縮する方法(WebP)

WebPはJPEGやPNGよりも大幅に画像を圧縮できるGoogle推奨の次世代画像フォーマットですので、ブログで最適化しておくことをおすすめします。モバイル表示のユーザーエクスペリエンス(UX)の向上も図ることができるこの最適化は、googleからの評価とも無関係ではないですのでこうした細かい部分にテコ入れしていきましょう。

画像を貼り付ける際のSEO対策【重要】

画像を貼り付ける際には、代替テキストに画像の説明文を入れるようにしましょう。これは画像での読み込みができないgoogleのAIのためのSEO対策になります。この一手間を入れることによりあなたの記事の画像が文字検索でもヒットする(検索にひっかかる)ようになるので、流入が増えるだけでなく、googleの評価もUPします。小さな積み重ねが後に大きな差になります。やり方はこちらの動画(音声なし)を参照↓

※テキストエディタで確認した際に、alt=” “の中にテキストが入っていればOK。

alt=”  “の中にはキーワードの羅列ではなく、狙っているKWが含まれる文章でテキストを挿入しましょう。
ex)

alt=” 〇〇 顔画像 経歴 性格”  → ✖️
alt=”〇〇の顔画像”  → ○

出典リンク例

※画像を貼ったらこのように必ず画像下に出典リンクを貼りましょう。その際には、画像をお借りしたサイトのトップページのドメインを出典リンクとして貼るようにしましょう。

ただ、トレンドブログにおいてはサイトの離脱率を下げるためにも、出典先のURLをリンクとして貼るかどうかはその時々の状況に合わせて判断してください。

まとめ

上手く商用可能な無料画像を使ったりして、閲覧者にとって読みやすい記事を作ることを心がけていきましょう!

おすすめ無料素材サイト6選

そうすると、サイトの滞在時間も長くなり、離脱率も下がるため、googleからの評価も高くなり、結果的に収益増に繋がっていきますので、という意識をいつも頭の片隅に置いておいてください。

小さな積み重ねを継続していきましょう。