コンサル受講時のお願い

限られた時間を有効に活用するために、コンサルを受けられる際は以下をお願いしております。

基本的に何も特別な事はなく、普段お仕事をする際のビジネスマナーを、そのままDL Journeyというビジネスの場でも適用して頂ければ何も問題ありません!

コンサル時のお願い

ビジネスのやり取りとしては基本的なことですがやりとりの考え方の基本姿勢となるのは、相手や自分の時間をムダにしないことです。

とりあえず音声にいく→必要な状況が整っておらずアドバイスができない→必要な状況を整える→再度通話依頼→時間調整して通話

となってしまうと、それはシンプルにその時間の分だけあなたのビジネス進捗が遅れてしまうことを意味します。

わずかな調整でも積み重なればそれは膨大な時間になりますので、この辺りはビジネスをされるのであれば最低限意識していきましょう!

  • 音声コンサル時はイヤホンの使用をお願いします

まれにスマホやPCの「スピーカーモード」で音声をされる方がいらっしゃいますが、音声が聞き取り辛いためご遠慮頂いています。基本的にはイヤホン、もしくはスマホの通話モードをご使用ください。イヤホンはセッティングを済ませた状態で音声にいらしてください。

  • 聞きたいことやご自身の考えはまとめておきましょう

予め質問事項やご自身の考えをまとめておくことは、ビジネス上の会話の最低限のマナーです。その場の思いつきで話があちこちに飛んでしまっては効果的なアドバイスを受け取ることは難しく、お互いにとって機会損失が生まれてしまいます。

  • 必要な情報は予めシェアしておく

該当ページを見て意見が欲しい場合は予めURLを、リスト取りについて相談したい場合は予め現状のリスト取得状況についての情報など。コンサル(仮説を立て、問題点を探り、改善点を考察)をするにあたり必要と思われる事前情報は予めシェア頂くとスムーズです。

1回あたりのコンサル時間について

音声の時間に特に制限はありません。質問内容やメンバーの進捗状況、またその日の状況によって臨機応変です。

コンサル依頼が多い時や質問者の方がお忙しい時は、必要なことを端的に共有して終わりのこともありますし、お互いにゆとりが多い時は多少の雑談が入ることもあるでしょう。

質問内容によっては2、3分で終わることもあるかもしれませんし、場合によってはじっくりと議論を交わすこともあるかもしれません。

ただ1回1回の音声のゴール設定が明確で、ご自身なりの考えや仮説の答え合わせとして活用できていれば音声が1時間を超えるような長時間になることはないはずです。

また成長スピードを高めるという点では、1ヶ月に1回1〜2時間の音声をするよりも、5分の音声を頻繁に行うほうが効果も大きい傾向にあります。

こんな事を聞いてもいいのかな?
音声行きすぎかな?

なんて心配は全く不要ですし、Takuもどんどん音声コンサルを活用頂きたいと思っています。

わからないことがあれば何度も聞いてもらって大丈夫ですし、ぜひ「あなたの成長を促進すること」にフォーカスされてください。

その際にはぜひ、他の誰でもないあなた自身の貴重な時間をいかに効率的に使い、どうしたら1回の音声から最大限のメリットが享受できるか意識されながら音声コンサルを活用してください!