サイドバーのカスタマイズ方法(Google審査用)

今回は、サイトの外観をカスタマイズしようということで、サイドバー(画面の右横のカラムスペース)の飾り付けの方法を順番に動画講義で解説していきます。

これはgoogle審査の申請時にも有効なサイドバー形式で、サイトの詳細や、情報を掲載することで、見た目を良くしたり、ユーザビリティを向上させることができます。

後々、ブログで本格的に収益を上げていく際は、こちらのサイドバー上に広告なども掲載することができるようにしていくのですが、現時点では、Google審査突破を考慮したサイドバー装飾ですので、最低限の表示のみにするよう説明していきます。

Google審査に通過した後は基本的にカスタマイズデザインは自由に作成していただいて結構ですので、今後トレンドブログを運営していく中でご自身の使いやすいようにカスタマイズしていってみてください。

サイドバーカスタマイズ方法(Google審査用)

サイドバーに掲載する項目

  1. プロフィール
  2. 最近の投稿(新着記事)
  3. アーカイブ(何年何月からブログを開始、何月に書いた記事はいくつあるのか)→ドメイン年齢(歴)、更新頻度がわかる
  4. カテゴリー(各記事の属性)
  5. 人気記事ランキング

Google審査用のサイドバーのカスタマイズとしてはこの5つの設定で十分です。

Cocoonでの設定方法

「ダッシュボード」 → 「外観 」→ 「ウィジェット」に入り、左の利用できるウィジェット候補の中から、ウジェットバナーを選び右のサイドバー領域にドラッグして持ってくるだけでサイドバーを作成することができます。

※プロフィールの詳細設定に関しては、プロフィールページで設定をします。(画面参照↑)

※WordPressの『ウィジェット』とは、サイトのサイドバーやフッターに表示される部品バナーのことです。

The Thorでの設定方法

The Thor の場合は、Cocoonの設定方法がブロック式になっているだけで基本的には操作方法は同じで、左のカラム(ウィジェットバナー)をサイドバーカラムへドラッグ&ドロップで設定ができます。

ただ、やり方がわからない場合は、プラグイン「Classic Wighets 」をダウンロードし、「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」→zipファイルをアップロードすると、Cocoonと同じ旧型のウィジェット画面の操作方法でサイドバーを設定することができますので、必要に応じてご利用ください。

(外観設定のカリキュラムで既にClassic Widgetsのプラグインをインストール済みの方は不要です。)

Classic Widgets

 

また、The Thor でのサイドバーのフレームやデザイン装飾のカスタマイズに関しては
こちらの公式マニュアルをご覧ください。↓

サイドバーのフレームとウィジェットのデザインを変更する

補足(プロフィール項目に関して)

プロフィールの内容に関しては、任意で自由に作成していただいて結構なのですが、あなたが作成したサイトの説明文にあたる文章を考えて、書き込んでみてください。

例えば、

【画像】

管理人: Lemon

レモンケーキ大好きブロガーLemonです。
料理のアクセントに不可欠なレモンのように
日々のニュースの中だけでは知り得ない、
耳寄り情報をアクセントに添えて、
芸能人やニュースの裏側を楽しくお届けします!

などなど。
サイトのコンセプトに則したキャッチーな自己紹介文を各自考えてみてくださいね。

また、Google審査通過後は、また自分の好きなようにサイドバーをカスタマイズして自分の愛着の枠サイトを作っていきましょう。

2020年3月以降、Googleのアドセンス審査基準がかなり厳しくなってきていますので、プロフィール(サイドバーとグローバルナビに設置)の内容は、特に専門性や権威性などが必要とされるジャンル(YMYLポリシーに該当するジャンル)においては、必ず自分の肩書き、資格、経歴など、アピールポイントを前面に押し出して、YMYL規定の基準を満たしているということを積極的にアピールしましょう。

専門性や権威性などが必要とされるジャンル(YMYLポリシーに該当するジャンル)とは

1.買い物、そして口座やクレカなど金融取引に関する記事
(金銭取引を促すような記事やサイト)NG

2.経済情報記事
その道のプロでもない人が、大きなお金が動くような
国、世界情勢などの専門的情報に対する助言や情報を
公開して万が一その情報が間違いだった、即NGです。
その他(投資、税、減税、住宅購入、保険加入)などもダメです。

3.医療情報記事(医療情報に関する記事)

・健康:健康によい行動や食料品、サプリ
・医薬品:医薬品に対するアドバイス
・特定の病気や体調:特定の病気などに対するアドバイス
・メンタルヘルス:メンタルヘルスに関するアドバイス
・栄養学:栄養学に対するアドバイス

上記のジャンルに対する助言や情報を提供する記事が該当します。

4.法律情報記事

・離婚:離婚の手続きや慰謝料などへのアドバイス記事
・養育権:養育権、こうしたら裁判で取れますよというようなアドバイス記事
・遺書作成:遺書作成に関するアドバイス記事
・市民権獲得:市民権を獲得するにはこうしなさい的な記事

5.その他のジャンル

・養子縁組
・車の安全

こういった記事などもYMYLポリシーに該当します。
かなり多くのジャンルがYMYLに含まれるようになりました。

 

※2023年2月8日現在でのDL Journeyカリキュラムでは、google審査申請のサイト作成はトレンド記事をメインにしていますので、上のようなYMYLの基準に関しては特に問題はないかと思いますがYMYLであったり、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)を考慮しながら記事執筆やサイトの構成を考えていくのはブログのSEO対策においては重要な考え方になりますので、目を通して学んでおきましょう。

補足2)人気記事ランキング表示のプラグイン(WP Popular-posts)

人気記事ランキングをサイドバーに表示させるためのプラグイン
WordPress Popular-Postsに関してはこちらを参照

ワードプレス人気記事ランキングプラグイン【Popular Posts】の導入設定方法

Google審査に関しては、サイドバーにポピュラーポストの実装は必要ないとも言われることもありますが、しっかりとサイトを運営しているというエビデンスにもなりますので、マイナスには働くことはありませんので、一応設置しておくようにしましょう。

※2023年2月8日現在では、ワードプレステーマはCocoon(無料)とThe Thor(有料)をお勧めしていますので、どちらの場合も人気記事ランキング機能はデフォルトで実装されていますので、プラグインWordpressPopularPostsの導入は必要ありません。