オリジナルヘッダー画像の作成方法【Photoscape】

今回はワードプレスの無料テンプレートであるSimplicityでヘッダー画像を設定する方法を動画で解説していこうと思います。

※2023年2月8日現在は無料テーマCocoon、有料テーマThe Thorを推奨しています。

テンプレートがSimplicityでない方であれば、設定の方法は若干違う場合もありますが、画像編集に関しては、それほど大差はないと思いますので、こちらの動画を参考に、是非自分だけのオリジナルヘッダー画像を作ってみてください。

 今回の動画では、画像素材を編集するために無料の画像編集ソフトのPhotoScapeを使用してわかりやすく説明しています。

もちろん、無料といってもあなどるなかれ、かなりクオリティの高い画像編集ソフトなので、簡単な操作であれば何の問題もなく編集できます。

まだPhotoscapeをダウンロードしていない方はこちらを参考に ↓

PhotoScapeの導入と使用方法【動画講義】

 

PhotoScapeの導入を済ませて、基本的な使い方をある程度マスターすることができましたら、今回のこちらの動画をみながら、ヘッダー画像を早速カスタマイズし設置していきましょう。

PhotoScapeでヘッダー画像を設定する方法【動画講義】

※動画はSimplicityですが、他のテーマでも応用可能です。

※ヘッダー画像の元になる画像素材をあらかじめ
用意しておいてください。

僕が画像素材元として愛用しているのはUnsplashというサイトです。

非常にクオリティが高い画像が無料で商用可能でダウンロードすることができます。よければそちらも参考にしてみて下さい。

基本的な作業手順としては、

  1. 無料画像素材ダウンロード
  2. PhotoSccapeで編集&保存
  3. 使用テーマのヘッダー画像として設置

という順番になります。

ヘッダーは自分の好みで高さに関しては自由に変えることができますので、それは任意で調整してみてください。

画像編集を行わずにもっと簡単にヘッダーを設置する方法

今回はPhotoScapeでのヘッダー画像の編集を紹介していますが、もちろん、画像編集をせずにもっとシンプルに簡単にヘッダーを設置する方法はあります。

それは

  • ダウンロードした無料画像を使用テーマ上でそのままアップロードする。
  • そしてそのテーマ上でヘッダーサイズの調整(切り取り)をする。

画像に編集を加えずにそのままの画像を使いたい場合はこちらでも結構です。 ただ、切り取りはできますが、微妙な色の変更や細かいカスタマイズはできません。

もちろんこだわらないのであれば、これでも結構なのですが、ネットビジネスでサイト運営をしていくならば、少しづつでも画像編集ソフトに慣れておくことも、今後のために何かと役立つことは間違いないです。

最低限の画像編集のスキルを身につけておくことは、ネットビジネスをする上で一つの「武器」になるとも言えますので僕は画像編集での作成をおすすめします。

画像編集ができれば、サイトにオリジナリティを持たせたり、作りたいフォントで作りたい大きさや場所に文字やロゴを入れやすくなり、
サイトデザインにおいて応用がききますしね。

どうしても画像編集が難しい方のためのヘッダー画像簡単設定

どうしても画像編集が億劫でできないという方は、通常通りこちらを参考にヘッダーに画像を設定していってください。

CocoonおよびThe thorの外観設定方法に関してはこちら

Googleアドセンス審査用外観カスタマイズ