HTMLサイトマップとXMLサイトマップの作成方法

サイトマップとは、その名の通り自分のサイトの地図のような役割を担っています。

サイトマップの種類は主に2つあって、一つは記事一覧ページの役割を果たす読者向けのHTMLサイトマップと、もう一つ検索エンジン向けのXMLサイトマップがあります。

サイトマップの種類 役割
HTMLサイトマップ ユーザー(閲覧者向け)記事一覧
XMLサイトマップ 検索エンジン(Google)向けのSEO対策

いずれにしても、サイトマップはgoogleのクローラ(巡回ロボット)がサイト内を効率よく巡回してくれるため、SEO対策としては必須の設定になります。

今回は、The Thor を使用してHTMLサイトマップ、XMLサイトマップを作成する方法をお伝えします。

【動画】The ThorでのHTMLサイトマップの作成方法

HTMLサイトマップを作成するには、他のWordPressのテーマであれば「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用するのが一般的ですが、the Thorでは標準機能でHTMLサイトマップを作成することができます。

 

手順

  1. HTMLサイトマップの初期設定(外観→カスタマイズ→基本設定→自動生成サイトマップ設定)
  2. 固定ページにHTMLサイトマップを設定する(↑動画参照)
  3. メニューにHTMLサイトマップを配置する(グローバルメニュー作成)(別動画)

【動画】CocoonでのHTMLサイトマップの作成方法

Cocoonもショートコードを使えば、あっという間にHTMLサイトマップを作成することができます。

(※音声なし)

手順

  1. 固定ページ新規作成
  2. ショートコードを貼り付け公開
  3. メニューにHTMLサイトマップを配置する(グローバルメニュー作成)(別動画)
ショートコードコピペしてお使いください↓
[sitemap]

【動画】グローバルメニュー作成(メニューにHTMLサイトマップを配置する)方法

グローバルメニューとは、ホームページの各ページに共通し設置されるサイト内の案内メニューのことです。 ホームページを見ると、上のような主要コンテンツへのリンクを置いたメニューバーが基本的に置いあります。 これを「グローバルメニュー」と呼びます。 (下画像参照)

※CocoonとThe Thor 両方の設置方法について解説しています。

XMLサイトマップ(サーチコンソールとの紐付け)作成方法

【▼現在停止中▼】
XMLサイトマップを作成し、サーチコンソールと紐付けすることで、Googleのクローラ(ロボット)がサイト内を巡回しやすくなり、結果的にインデックスが早くなるという意味でSEO対策としても非常に有効になります。

こちらの設定は、CocoonもThe Thorも共通で、XML Sitemapというプラグインをインストールして設定していきます。その後、サーチコンソールでサイトマップとの紐付けをおこないます。

プラグイン文字列(コピペしてご利用ください)
「XML Sitemap」

【▲現在停止中▲】

2023年2月8日時点

現在、[XML Sitemaps] 上記のプラグインは一時的に停止していて、検索しても出てこない模様です。まだ復帰まで時間がかかりそうなので、こちらの動画にて代わりのプラグインを紹介しています。参考にしてください▼
XML Sitemap & Google News  【プラグイン】

※動画内の3:10からはサーチコンソールとの紐付けについての解説です。まだサーチコンソールの登録が終わっていない方は、そちらを済ませてから設定にお進みください。 

インデックス&リサーチツールGoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)について

※動画内で紹介している文字列です。コピペしてご利用ください。

XML Sitemap & Google News
sitemap.xml
sitemap.xml.gz
feed